ノロウイルス 上手な水分補給のしかた

ノロウイルスにかかると、嘔吐や下痢によって脱水症状になりがちです。


そのため水分補給は気をつけなければいけません。
しかしむかむかと吐き気がするため、水分をとってもすぐに吐いてしまう状況が続いたりして本人にとってもつらく、また赤ちゃんやお年寄りなど自分で水分がとれない場合はもっと大変で、看病している立場はとてもつらいものです。


ここでは、そのような場合にでも上手に水分補給する方法をご紹介します。

ノロウイルスと水分補給
▼成人の場合
ノロウイルスにかかると一日に何度と嘔吐と下痢を繰り返すので、失われた水分を補わなければと思い、一度にコップでがぶがぶと飲んだりする方が多いようです。

しかし身体はそれを受けつけず、せっかく苦労してとった水分を嘔吐したり、それがかえって腸を刺激することになって下痢をしたりして、下痢と嘔吐の繰り返しになります。

そのような時、成人の場合、コップを用いる場合は、口に水分を含むという程度の少量を複数回に分けて水分補給するようすると身体も少しずつ受けつけ、水分が採れるようになります。


▼お年寄りや起きることがつらい成人の場合
起きることがつらい状態の成人やお年寄りなどは「薬呑み(やくのみ)」とよばれる介護する場合や病院などで用いる吸い口をつけた容器を利用すると上手に飲ませることができます。

薬のみ(※「薬呑み」は、「吸呑み(すいのみ)」、「らくのみ」、「吸い口(すいくち)」などさまざまな呼び名があるようです。)

「薬呑み」には細い口がついていることでやさしく水分が補え、また容器にたくさんの量をいれることもできないので衛生面でも優れています。

ノロウイルスと赤ちゃん
▼乳幼児の場合
赤ちゃんの場合、普通でも飲み物や食べ物は自分でとれません。
ましてやノロウイルスになると、体力は弱り、ほ乳瓶も上手く使えません。

しかし赤ちゃんでもそのような状態になると身体が水分をほしがるのか、必死になってほ乳瓶から水分補給しようとしますので、一度に水分をとると成人と同じように嘔吐と下痢の繰り返しになります。

乳幼児の場合、年齢や状況に応じてコップや器からスポイドやスプーンを用いて1滴、1さじずつ水分を与えてあげると上手く水分補給することができます。

※「ドクターくすりのみ(画像左)」は、赤ちゃんが飲みやすい乳首タイプのくすりのみ
※「スポイトくすりのみ(画像右)」は、シロップ剤を赤ちゃんに無理なく与えられるスポイト式の薬飲み器です。

このような便利なグッズもあります。上手に利用して焦らず、ゆっくりとお試しください。

スポンサード リンク



フィード