ノロウイルスとお洗濯

ノロウイルスとお洗濯

ノロウイルスは、感染力が強いため、おう吐物やふん便などの固形物だけでなく、汚れが残った後の乾燥したものは、空気中に舞い、口からノロウイルスが入り感染する恐れがあります。

ここでは、ノロウイルスに感染した方のおう吐物やふん便で、汚れた衣類や布団などのお手入れ方についてご紹介します。お洗濯にかかる前に、ノロウイルスの二次感染を防ぐため、当サイトノロウイルスに感染しない吐物処理をご参考になさって、エプロンやマスク、使い捨て手袋などを着用、部屋を十分換気をし、ご準備下さい。

ノロウイルスが不着した「洗えるもの」

ノロウイルスのおう吐物やふん便で汚れたものは、お洗濯の前に取り除ける固形物はトイレに流します。お風呂場や台所は二次感染しやすいので流さないようにしましょう。
たらいやバケツなど「洗剤」を入れ、水の中でもみ洗いします。この時に水しぶきを飛ばさないよう、注意して洗いましょう。
下洗いしたものを、85℃以上のお湯にしばらく浸けると消毒効果が期待できます。※品質表示に従い行って下さい。色落ちしやすいものは避けたほうが無難です。
※できない場合は、次の項目へ
塩素系漂白剤(市販品は、「ハイター」などの名称で販売されています)に汚れ物を浸けます。※塩素系漂白剤の希釈割合や浸け置き時間は、商品によって異なりますので商品の取扱注意をよくお読みになり、お使いください。
洗濯機で洗います。他のものと一緒に洗わないようにしましょう。
室内干しせず、消毒殺菌の意味もあるので天日に当て干します。
衣類乾燥機の場合は、普段より高温で乾かします。
アイロンをかけると、さらに効果的です。

ノロウイルスが不着した「洗えないもの」

ノロウイルスのおう吐物やふん便で汚れたものは、お洗濯の前に取り除ける固形物はトイレに流します。お風呂場や台所は二次感染しやすいので流さないようにしましょう。
可能であれば、固くしぼった雑巾などで汚れた部分をふき取ります。
汚れがひどいものは、二次感染の恐れがあるので処分したほうが無難です。
普段より長めに天日に干すか、もしくは高温での布団乾燥機の使用も効果的です。またスチームを使用せずアイロンをかける、ドライヤーを使用するのもおすすめです。用いるものの品質表示をよく読み、温度は調節して下さい。


フィード