ノロウイルス吐物処理:カテゴリー

スポンサード リンク

ノロウイルスに感染しない吐物処理

ノロウイルスに感染しない吐物や排泄物処理

ノロウイルスに感染した方のおう吐物や排泄物を無造作に処理をすると、処理に携わった人へ感染しやすく、また感染拡大する恐れがあります。感染に十分に注意しながら、スピーディー、確実に行いましょう。

処理に必要な準備物
ゴム手袋
マスク
エプロン
ビニール袋
ボロ布など
バケツ
塩素系
漂白剤

・ゴム手袋
使用後処分するので、使い捨ての薄手手袋が安価ですみます。

・ボロ布など
拭き取った後、こちらも処分するので、不要になった古着や使い古しの雑巾、ペーパータオルなどを用いてください。

・バケツ
バケツには、塩素系漂白剤を適正濃度に薄めたものを入れておきます。それを汚物に振りかけたり、床を拭いたりする際に用います。(誤って汚物を入れると後始末が大変です。)

・塩素系漂白剤
市販のものであれば、「ハイター」などの名称で販売されています。

おう吐物や排泄物の処理をする時は、窓を開け十分な換気をします。
処理に携わる方以外は、近寄らないようにします。携わる方は、着用しているものにノロウイルスが不着しないようエプロンなど着用し、ゴム手袋、マスクをつけます。
おう吐物は、ボロ布や雑巾などで「外側から内側」に向かって包み込むようにして、拭き取ります。この時に一度拭いた面で、再度拭くと汚染が拡がりますので注意しましょう。
おう吐物を拭いた、ボロ布や雑巾はビニール袋に入れ、布にしみ込む程度の塩素系漂白剤をふりかけ、ビニール袋の口をくくり密封します。漏れるとせっかくの作業も台無しです、もれないよう注意しましょう。
用心する場合は、おう吐物などがついていた場所に、塩素系漂白剤をしみ込ませた布やペーパータオルなどをかぶせ、しばらく放置します(目安:10分程度)。その後、水拭きします。用いる薬剤によって腐食したりすることがあるので、注意書きをよくご覧になって行ってください。
処理に使った、ゴム手袋もビニール袋に入れ、汚物同様、密封し処分します。
処理が終わったら、すみやかに手を洗います。手洗い方法については、ノロウイルス感染を防ぐ手洗い方法をご覧下さい。
おう吐物や排泄物の処理後、
しばらく窓を開け十分な換気をします。

スポンサード リンク

フィード