ノロウイルスと感染症胃腸炎:カテゴリー

スポンサード リンク

ノロウイルスと感染症胃腸炎

ノロウイルスと感染症胃腸炎

「感染症胃腸炎(かんせんしょういちょうえん)」という言葉を、最近ニュースなどでよく耳にし、ノロウイルス感染症胃腸炎って違うの?と思っておられる方も多いと思います。


結論からいいますと、
ノロウイルスは、ウイルスを病原体とする感染性胃腸炎のひとつです。


感染性胃腸炎というお医者さんがつかわれる診断名は、さまざまな原因を含んだ症候群の名前をさします。その原因となる病原体も、細菌、ウイルス、寄生虫などいろいろあります。


感染症胃腸炎の原因となる病原体ノロウイルスと感染症胃腸炎
主な症状:発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛
ウイルス
ノロウイルス
ロタウイルス
アデノウイルス
アストロウイルス
細菌
サルモネラ
カンピロバクター
エルシニア
病原性大腸菌
腸炎ビブリオ
寄生虫
寄生虫


感染性胃腸炎の症状は病原体やその感染パターンによって異なります。

症状としては発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などが主に見られ、感染はほとんどの場合、感染した人からの糞口感染(処理などなんだかの形で便などが手について感染すること)あるいは、汚染された水や食品を介して感染します。


その感染性胃腸炎には、ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスなどがあります。

スポンサード リンク


スポンサード リンク

フィード